アーカイブ

2016年8月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Site menu:

Links:

カテゴリー

出前で配達時間の指定が出来れば迅速さにこだわらずに済むのではないか

出前と言うと早さが命と言うことで迅速な配達を売りにしているところが多いものです。店によっては配達が遅れた場合割引など何らかのサービスを行っているところもありますが、利用者の立場からするとそれほど配達の早さにこだわる必要はないのではないかと思えます。注文した後で出前がやってくる間に飲み物を用意したり部屋の片づけをしたり、あるいはのんびりとテレビを見ながら待っているなどすれば時間と言うのはすぐに経つものだし、何もそれほど急がなくても構わないと言う人も多いのではないでしょうか。もちろん同じ人でも気分次第で速く持ってきて欲しいと言うことはあるでしょうが、おおらかな気分で少しくらい遅くなっても構わないということのほうが普通だと言えます。むしろあまりに迅速と言うことにこだわって、肝心の商品の質が下がる事だって考えられるのだから、その意味でもすばやい配達にそれほどの意味があるとは思えません。ただ、食べ物を待つ身としてはいつ来るのか分からないと言うのは困りものです。そこで注文時に配達時間の指定をすることが出来れば、客としてもイライラして待つこともなくなるし、また店としてもそれほど時間に追われることなく出前の品が作れるのではないでしょうか。

迅速に出前を行いましょう

お客さんは、注文した食べ物を早く食べたいと願っています。その願いに一秒でも早く応える為にも、しっかりと早く届けられる方法を、普段から模索しておく必要があるのです。出前を迅速に行うと言うのは、飲食店において鉄則です。お客さんの待たされている時の気持ちを考えれば、当然だと言えるでしょう。その為にも、色々なところで工夫をしておく事をお勧めします。例えば自動車ではなく、基本的にはバイクを利用する様にするのです。そうする事によって、交通状況が渋滞していても、何とか効率的に配達をする事が出来る様になるでしょう。そして、お客さんの住んでいる場所が非常に狭い地域だったとしても、そういった二輪駆動のものであれば小回りも利くので、問題ない筈です。普段から出前があった時用に、スクーターを用意しておくと、柔軟に対応出来る様になるでしょう。現代人は昔に比べてもあまり出前をしなくなったようですが、それでもたまには外食ではなく、それをゆっくりと家の中で食べてみたいと思う筈です。そんな要望に全力で応える為にも、是非とも迅速に配達が出来る様な努力をしてみましょう。いざと言う時に頼れる店舗だと言う事を証明出来れば、きっとまたお客さんは見直してくれるに違いありません。